Just another WordPress site

耳をすませば告白した杉村がかわいそう?振られた後登校中に出合い気まずい?

 

「カントリーロード」でお馴染みの映画『耳をすませば』

耳をすませばで人気のあるシーンと言えば

やはり野球部の杉村がヒロインの雫に告白をするシーンです。

結局告白は失敗に終わってしまい、
世間からはかわいそうなイメージを持たれています。

そんな杉村はジブリファンから可愛いという理由で人気もあるのです。

なので今回は杉村について深掘りしていきたいと思います。

杉村がかわいそう過ぎる?

杉村はもともと主人公の雫とは幼馴染です。

そんな雫に神社で告白した時の会話がこちら

杉村「なあ俺、何か悪いこと言ったかな。」

月島雫「杉村さ、夕子はあんたがどうして、そんなこと言うの?って言ったんでしょう」

杉村「うん。だから野球部の友達に頼まれたって。」

月島雫「違う! それって、杉村にはそんなこと、言われたくないってことよ。この意味、分かるでしょう。」

杉村「分かんないよ! はっきり言ってよ!」

月島雫「もう、本当ににぶいわね。夕子はね、あんたのことが好きなのよ!」

杉村「えっ!? そんな俺、困るよ!」

月島雫「困るって、かわいそうなのは夕子よ。ショック受けて休んじゃったんだから。」

杉村「だ…だって俺…。俺、お前が好きなんだ。」

月島雫「えっ…!?や、やだ…。こんな時、冗談言わないで。」

杉村「冗談じゃないよ。ずっと前から、お前のことが好きだったんだ。」

月島雫「だめだよ私は…。だってそんな。」

杉村「俺のことキライか?つきあってる奴がいるのか?」

月島雫「つきあってる人なんかいないよ…。でも…ごめん!」

杉村「待てよっ!月島、はっきり言え。」

月島雫「だって、ずっと友達だったから。杉村のこと好きだけど、好きとかそういうんじゃ…。ごめん、うまく言えない…」

杉村「ただの友達か?これからもか?そうか…」

告白する前には、
親友の原田(夕子)が杉村のことを好きなことを知っている雫は、杉村に「もう!本当ににぶいわねっ!夕子はね、あんたのことが好きなのよ!」と一喝します。

そんな事を知らなかった事と、好きな人から違う人が好きである事を伝えられたことで杉村は動揺してしまいます。

この時の杉村の心情を考えてみると頭は真っ白になっていたと思います。

また、
杉村はまだ中学3年ということもあり恋愛の経験が少ないことから、場所やタイミングを考えずに告白したしまったと考えられます。

告白のセリフも「俺のことキライか?」や「ただの友達か?これからもか?」など少し自信なさげで弱腰なイメージがありますね。
初めての告白だと少し弱気になってします気持ちはとても共感できます笑

結局好きだった雫には振られてしまい、その場から立ち去ってしまいます。
告白された雫はその日の内に同級生の天沢聖司に恋をします。

これを杉村が知ってしまったら泣き崩れてもおかしくないですね。

因みに神社のモデルになっているのは金比羅宮神社で、「耳をすませば」の中でも特に人気のある聖地です。

ファンの中では通称「杉村玉砕神社」とも言われています。

勇気を出して告白したはずなのにいじられまくりですね。

玉砕気分を味わいたい方は金比羅宮に足を運んでみてはいかがでしょうか?

杉村に対する視聴者の反応は?

告白に失敗してかわいそうな杉村ですが、視聴者の反応はどうでしょうか。


ネットには杉村が可哀想で同情しているコメントが多く見られました。

また驚くことに、
映画の中で全て思い通りにいっている天沢聖司よりも杉村の方がいいというコメントがかなり見られました。

現実世界では杉村のような性格の方がモテるみたいですね。

後日登校中に雫と出会い気まずい?

振られた後日、
遅刻しそうで急いでいる雫と杉村が登校中にバッタリ会ってしまうシーンがあります。

今までの仲良かった感じとは一変して少しよそよそしい感じもしましたね。

実は杉村はワザと登校時間を遅らせていました。
振られたあとだった事もあり、会いたくなかったのでしょうか

しかし雫が遅刻をしてしまったために出会う羽目になります。

原画に「わざと時間を外したのに、、、」とコメントされているのがその証拠です。

振られた側そうですが、振った側も当然気まずいですよね。

因みにこの時も杉村は1人で去っています。

まとめ

・杉村はかわいそうなキャラクターである
・視聴者からはかなり同情されている
・天沢聖司より杉村の方が人気がある可能性が高い
・杉村は振られた後はわざと登校時間を遅らせていた

ご視聴ありがとうございまいた。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2019 All Rights Reserved.