Just another WordPress site

Amazon緊急事態の通知は迷惑メールで詐欺やスパム?クリックした時の対処方法は?

 

Amazonから「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限がきれています!」

と言った内容のメールを受信される方が多発しているそうです。


見覚えがないのにメールを受信してしてしまう事が殆どだそうです。
また、Amazonプライムに加入していない方にも関係なく送られてくるみたいですね。

こちらはAmazonを装った詐欺メールなので、対処法を紹介していきたいと思います。

迷惑メールの内容とは?

Amazonを装ったメールはこの様な内容です。

こちらがAmazonを装った迷惑メールなのですが、

題名がAmazonプライムではなくAmazoneプライムになっている時点で迷惑メールである事がわかりますね。

こちらのリンク(URL)を開いてみるとこのようなログインページが開きます。

本物Amazonのログインページとかなり似ている作りになっていますね。

またメールのAmazoneとは違い、
ログインページではしっかりAmazonと表示されているので注意が必要です!

この後にログインをすると、
次にクレジットカード情報の編集ページに移動します。

詐欺側の狙いとしては、
①偽物のサイトにログインさせる

②お支払いページでクレジットの情報を入力させる

③クレジットカードを悪用せれる

という流れになっています。

この手口はフィッシング詐欺呼ばれインターネットの世界で行われる詐欺の一種です。
正規のサービスなどのふりをしたメールで偽のWebサイト(フィッシングサイト)に誘導させ、クレジットカード情報やログイン情報(IDとパスワードなど)を盗み出す行為

正しいメールアドレスとパスワードでログインしてしまった場合、クレジットカードを悪用されるだけではなく個人情報を盗まれる可能性もあります。

今回の迷惑メールの送信元は「Amazon緊急事態」となっていますが、アドレスを見てみると「〜@〜.coreserver.jp」となっていることが分かります。

アドレスで「.coreserver.jp」が使用されている時点で、アマゾンの公式ドメインでないことが分かります。

アマゾン公式から届くメールのドメインには以下のものが使用されると公表されているので、これら以外のドメインは偽のメールと判断できます

Eメールを送信する場合

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

SMSを送信する場合

  • 09090097540
  • 08021585817

サービス、その他

  • (Amazon.co.jpと連携した) LINE
  • Amazon アプリ

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について

しかし、
詐欺側が送信元を偽装しアマゾンの送信情報で送ってくる場合があるので、送信元だけで判断されるのは危険です。

対処法

無視をする

一番手っ取り早い方法が無視をするということです。

メールに貼られているリンクをクリックすると、あなたのメールアドレスが生きていると判断され、さらに迷惑メールが届く原因にもなりかねません。

また悪質なウィルスに感染してしまう可能性も考えられます。

なので詐欺と分かっていてもリンクに飛ばないことが一番でしょう。

今回の迷惑メールでは、「マゾンプライム会員ではない」「クレジットカードを持っていない」「アマゾンで買い物をしていない」という方にも送られているので、「詐欺にはこのような手法もあるのか、気をつけないとな」と記憶に入れておくぐらいがいいと思います。

Amazon以外のサイトでもフィッシング詐欺は多く存在します。

サイトをクリックした際の対処法は?

迷惑メールの内容の中にあるリンク(URL)を開いてしまった場合、

すぐにその開いたリンクを閉じましょう。

今回のケースではリンクを開くことで悪質なウイルスに感染することも考えられますが、

真の狙いは、クレジットカードの情報を抜き取ることなので、
リンクを開いてしまっても、すぐ閉じれば大丈夫です。

クレジットカードの情報を入力してしまった場合

クレジットカードの情報を入力してしまった場合、
直ちに対処する必要があります!

ウイルス対策ソフトをインストールする

リンクに飛ぶことでウィルスに感染する可能性があります。
なので、ウイルス対策ソフトを導入していない場合、
スマホやPCのウィルス感染を避けるためにインストールしましょう。

対策ソフトはNorton(ノートン)やウイルスバスターがオススメです。

OSを更新させる

ウイルス感染対策として、
OSを更新させるのも有効的です。

しかし、
セキュリティの向上を含むOSでない場合、インストールしてもウイルス感染対策にはならないので注意しましょう。

契約しているキャリアのサポートセンターに連絡

ウイルス感染してしまった場合サポートセンターに連絡しましょう。
ドコモであれば→ドコモのサポートセンター

ソフトバンクであれば→ソフトバンクのサポートセンター

auであれば→auのサポートセンター

ログイン情報を変更させる

フィッシングサイトにメールアドレスやパスワードを入力してしまった場合、メールアドレスとパスワードの組み合わせを即座に変更させましょう。

その際、漏洩してしまった場合に備えメールアドレスとパスワードを使いまわすのはやめた方がいいです。

また、
ログインが出来なくなってしまっている場合はアマゾンのカスタマーサービスに連絡しましょう。

クレジットカード会社に連絡

フィッシングサイトにクレジットカードの情報を入力してしまった場合、そのカードの管理会社や該当の金融機関に連絡をしましょう。

どのような被害にあったかを相談し適切な指示、対処を聞きます。

直接的な被害に合ってない場合でも、
情報を入力してしまった際はカード会社に連絡しましょう。

まとめ

現在このような詐欺メールは多発しています。

Amazonに装った詐欺メールだけではなく、様々な会社の名前を使って仕掛けてくることがあります。

なので、怪しいと思ったら安易にサイトにログインするのではなく、
ネットで調べてみたり、会社に連絡して聞いてみるなどしたほうがいいでしょう。

とにかく、これからもこのようなメールが届く事はあると思うので注意が必要です。

ご視聴ありがとうございました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2019 All Rights Reserved.