Just another WordPress site

会社や得意先とのカラオケで1曲目に歌うと絶対盛り上がる定番の曲は何?

 


会社の上司や得意先とカラオケに行く際

自分が一番下っ端で、
「なんか歌ってよ〜」と振られた経験がある方もいると思います。

しかし年代が違ったり、得意先の方がいる事で何を歌えばいいか迷った経験がある方もいるのでは無いでしょうか?

なので今回は、
会社関係のカラオケでも安心し男女問わず盛り上がれる曲を紹介していきたいと思います。

オススメの曲は?

上司や得意先といくカラオケは一般的に接待カラオケと言われ、
相手を楽しく気持ち良い状態で帰ってもらうのが目的です。(プライベートで上司と行く様な場合は別です)

このことを踏まえてオススメの曲を紹介していきたいと思います。

上司や得意先の方が年上という程で話していきます。
まず大前提として上司や得意先の方の世代で流行った曲を歌う様にしましょう。

年齢が違えば当然、聴いていた音楽も違います。

相手が40〜50代の場合の鉄板オススメの曲

・「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
2017年に「バブリーダンス」で大流行した事で話題性も抜群
昔の曲ですが、若い世代も楽しめる点から一番オススメしたい曲です。

・「おどるポンポコリン」B・Bクイーンズ
昔の曲ですが、誰もが知っている名曲です
曲のテンポも比較的ゆっくりで上司も間の手入れやすいのでオススメです。

・おニャン子クラブ セーラー服を脱がさないで
歌われる方が女性の場合、喜んでるれる上司や得意先の方も多いと思います。
2番目の歌詞が少し攻めているのがポイントです。

・赤いスイートピー 松田聖子
40代〜50代のサラリーマンが大好き松田聖子さん
カラオケでも定番中の定番の曲ですね
この曲を歌われる方が多い印象です

・ラブ・ストーリーは突然に 小田和正
「東京ラブストーリー」の主題歌として有名
ドラマの主題歌を歌うのも懐かしさを感じさせる効果があります

・エロティカ・セブン サザンオールスターズ
サザンは場を盛り上げされる曲が多いですね
1曲歌っておけるといいかもしれませんね。
サザンオールスターズはどの世代にも結構ウケが良い印象です

オススメデュエット曲

場が和み上司や得意先の方との距離が縮んだら、
一緒に歌うのを誘ってみてはいかがでしょうか?

・「奇跡の地球」桑田佳祐&桜井和寿


1995年に桑田佳祐&Mr.Childrenとして発表した曲です。

・「ロンリー・チャップリン」鈴木雅之&鈴木聖美


バブリ契機に突入した時に発売された曲です。

最後にですが、
行きたくなくても行かざるをえない場合があると思います。

しかし、行くからには自分のためになる様に行動することがオススメです。
また、カラオケが下手な方でも恥を捨て一生懸命歌えば場は盛り上がります。

楽しいカラオケにしていきましょう!

まとめ

・上司や得意先とカラオケに行く場合、相手の世代で流行った曲を歌う
・相手に楽しんでもらうことを前提に歌う
・一番オススメの曲は「ダンシング・ヒーロー」

ご視聴有難うございまいた。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2019 All Rights Reserved.