Just another WordPress site

2019年今年のインフルエンぜの症状の特徴は?脱水と胃腸炎に注意?

 

今年のインフルエンザはどの様な症状でしょうか

2019年の1月から空気が乾燥し始めましたね。
街ではマスクをしている人をよく見かける様になりました。

空気の乾燥の影響もあり都内中心でインフルエンザの感染者が急増しています。

なので今回は2019年今年のインフルエンザの症状の特徴について調査していきたいと思います。

今年はインフルエンザが既に大流行?

1月17日に東京都ではインフルエンザ流行警報が出されました。

今年既にインフルにかかってしまい学校や会社などに行けなくなった方も多いのではないでしょうか。

今年のインフルエンザの傾向として1月7日〜13日の間で感染者が急増しており、流行警報基準を大きく超えていることです。

昨年に比べると1週間早いインフルエンザ流行警報の発表になりました。

また関東地方では年を明けてからあまり雨が降っていないこともあり、空気が乾燥した状態が続きさらに拡大が懸念されています。

外出をした際は手洗いうがいを徹底していく必要がありますね。

今年のインフルエンザは3月ごろまで続くと言われています。
ただし、エルニーニョ現象の影響で暖冬の予想が出ているので、若干早めに終息する可能性もありそうですね。

今年のインフルエンザの症状は?

インフルエンザの主な症状として、
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等が急速に現れ3日~1週間程度続くというものです。

様々な症状が挙げられるインフルエンザですが、
今年のインフルに関してはこれらの症状にプラスして胃腸炎と脱水症状にも要注意です。

胃腸炎に悩む患者が今年はかなり多いそうみたいですね。
病院で診てもらった患者たちは、制吐剤や整腸剤も処方される方が多いそうです。

胃腸炎は下痢を引き起こすだけでなく、
激しい嘔気や腹痛を伴うこともあり、心身が衰弱してしまう恐れがあります。

回復にもより時間が掛ってしまう心配がありますね。

今年は脱水症状にも注意?

今年のインフル患者が脱水症状になりやすい理由として、
先ほどもお話しした、胃腸炎と密接に関係しているのです。

胃腸炎の症状が出てしまうと、
下痢で水分が排出されてしまうので、脱水症状を引き起こしやすくなります。

インフルエンザにかかってからこまめに水分を補給できればいいのですが、一人暮らしの方などは高熱で意識が朦朧としている中では水分補給をするのは難しいと思います。

しかし脱水症状は意識障害を起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

脱水症状になった時の対策は?

正しい脱水症状の対策としては、
水を補給するだけでは不十分と言えます。

なぜなら、水だけを摂取することによって体液中の電解質濃度が薄まってしまうからです。

体はどんな時も体内の電解質濃度を一定に保とうとする働きがあるので、水で電解質濃度を薄めてしますと脱水症状でも水分を尿として排出しようとします。

なので水だけ補給してもあまり効果はありません。
むしろ電解質も一緒に排出されていまい逆効果です。

正しい水分補給をすることが1番の対策と言えます。

そのためには、
水分や電解質、ブドウ糖などを効率よく摂取することが改善につながります。

手っ取り早くこれらを補給するのにオススメなのが『OS–1』です。
電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液のため体にも負担がかかりません。

OS-1を飲んでも効果が見られないようなら、
医療機関で点滴を受けることをオススメします。

点滴でしたら水分や必要なビタミンなどを簡単に補給できます。
脱水症状で意識レベルが低い患者も500mlの点滴で意識が回復することも多々あるそうです。

まとめ

・今年のインフルエンザの特徴として胃腸炎と脱水症状が挙げられる
・胃腸炎や脱水症状になったら適切な対策が必要
・インフルエンザにならないようしっかりと予防していきましょう

ご視聴有難うございまいた。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2019 All Rights Reserved.