Just another WordPress site

首里城の次は白川郷で火災?原因は犯人による連続テロや放火の可能性はある?

 

2019 年10月31日に世界遺産である首里城が火災によって焼失してしまった事は記憶に新しいと思います。

そして首里城の火災から1週間立たず、11月4日に岐阜県の世界遺産である白川郷でも火災が発生しました。

白川郷での火災に関しては合掌造り集落には影響はなく、けが人も出ていません。

しかしこの短期間で2度も世界遺産で火災が発生すると、放火やテロではないかと心配が募ります。

なので今回は放火犯による連続テロはあるのかどうかを調査していきたいと思います。

首里城の次は白川郷で火災発生

11月4日に火災が発生したのは岐阜県白川村の「白川郷」

今回の出火場所は合掌造り集落ではないのですが、白川郷にある駐車所の小屋で発生しました。合掌集落への延焼の危険性もなかったそうです。

また、火災によるけが人も出ませんでした!


合掌造りのかやぶき屋根は燃えやすく、一度火災が起きると全体に燃え移ってしまうので、今回集落自体に影響がなくて本当によかったと思います。

しかし日本の文化財が次々と被害にあっているのでまた同じようなことが起きてしまうのではないかと心配になりますね。

世界遺産の火災に対するネットでの反応

ノートルダム大聖堂、首里城と続き白川郷の火災

短期間で多くの世界遺産で火災が発生していることもありネットでも心配するコメントが多く見られました。


やはり今回の火災を計画的な犯行であると感じている方が多くいるみたいですね。

ツイッターでのコメントを見てもテロ犯行などのワードが目立ちました

計画的な犯行だとしたらまだ犯人は捕まっていません

実際に放火犯によるテロなのど可能性はあるのか
次の章で解説していきたいと思います。

放火犯による連続テロの可能性はあるのか

首里城と白川郷それぞれ調べていきましょう

首里城の火災について

首里城の火災は10月31日午前2時半ごろに発生しました。

まだ、出火の原因は判明していない段階

けが人はないとは言うものの、こんな時間帯に火がつくのはかなり不自然。
ネットでも放火犯がいるのではないか疑っています。

しかし世界遺産だけあって防犯カメラなどの警備は厳重でしたが、犯人らしき人は写っていなかったそうです。

現時点で一番可能性が高い原因として推測されているのが「分電盤」という装置

分電盤とは各階に電気を配分する役割があります。
その分電盤が焼け焦げた跡があったためそこが火元ではないかと言われています。

なので、首里城の火災に関しては放火やテロの可能性は低いです。

白川郷の火災について

白川郷の火災は合掌造り集落ではなく駐車場の小屋で発生しました。

火災発生の時間帯は昼間の2時ごろでした。

こちらの火災に関しては首里城の火災のあとだったという事もありテロや放火ではないかと疑う人が増えたきっかけにもなっています。

こちらもまだ出火の原因は判明していませんが、現時点ではライトアップ用の電源設備から出火した可能性が高いと言われています。

気温が下がり、空気が乾燥する季節になってきているので火事には特に注意したいですね。

まだ二件とも原因は判明していませんが、放火やテロによる火災の可能性は低そうです。

しかしこういう事が相次ぐと本当に疑わざるを得ない状況にもなりかねません。

まとめ

・短期間での火災のためネットではテロや放火という声も
・現時点原因は不明だが故意的な火災の可能性は低い

ご視聴ありがとうございました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2019 All Rights Reserved.