Just another WordPress site

乃木坂46白石麻衣が卒業!紅白での坂道合同「シンクロニシティ」はそのため!

 

乃木坂46の白石麻衣ことまいやんがグループから卒業することが発表されました。

日程は未定ですが、3月25日に発売される25thシングル(タイトル未定)の活動終了をもって卒業することが決まっています。

2019年の紅白歌合戦で坂道合同でのシンクロニシティを披露していたため、一部のファンからはも卒業か?と邪推されていましたが、現実となってしまいました。

乃木坂48白石麻衣が卒業を発表!

2020年1月7日の深夜、突然白石麻衣さんの卒業が発表されました!

もともと1,2年前から卒業を意識しており、最終的に決定したのは2019年の夏だったそうです。

後輩である4期生らの成長も感じていたとのことで、以下のようにもコメントをしていました。

「27歳になって、外から乃木坂を見ていきたいという気持ちが強くなった。乃木坂は大きくなれると思います」

もう自分がいなくても乃木坂は成長していけると感じたのではないでしょうか!

またファンも意外とあっさり卒業を受け入れている方達が多い印象です


白石麻衣さんの卒業については兼ねてから噂も出ていたので、「ついに来たか」という思いの方が強いのかもしれません。

紅白でのシンクロニシティは卒業を示唆するため?

2019年の紅白で乃木坂46はシンクロニシティを披露していますが、これは白石麻衣さんの卒業を示唆しているのではないかと1部では騒がれていました。


シンクロニシティは白石麻衣さんがセンターポジションを務めており、またメンバーと互いを思い合いパフォーマンスするとても素晴らしい曲でもあるので、ラスト紅白にはピッタシの曲でしたね!

紅白で坂道合同にする必要はあったかと言う声もありましたが、白石麻衣さんの卒業発表を聞くとやはり合同として披露していたことにも頷けます。

まとめ

・乃木坂46白石麻衣さんが卒業を発表

・紅白の選曲は卒業のための可能性もある

白石麻衣さんの卒業後の活躍にも期待したいですね!

ご視聴ありがとうございました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2020 All Rights Reserved.