Just another WordPress site

プーと大人になった僕の実写映画のプーさんが怖い⁉︎汚いとも言われている⁉︎

2018/10/11
 


2018年9月14日に全国公開したくまのプーさんの実写映画「プーと大人になった僕」
9月14、15日公開映画の中でも初日満足度ランキング、動員ランキング共に一位を取っているなどかなり評判がいいです。

また、公開前からクリストファー・ロビンの吹替俳優を堺雅人さんが務めるとあってかなり注目を集めていました。

今回の映画のあらすじは
主人公・少年クリストファー・ロビン大人になってから、少年時代の友達であるプーさんと再開とその後について描いています。

くまのプーさんはもともと子供向けの作品ですが、今回の映画はどちらかといえば子供向けというよりかは社会や仕事に追われている大人向きな映画に感じました。

かわいいプーさんやその仲間たちが出てくる今回の映画で、プーさんが怖いや汚見た目が汚いとコメントしている方もいたので今回はそのことについて深掘りしていこうと思います。

実写映画のプーさんが怖い?

引用元:http://www.nicovideo.jp/
確かにこの画像だけ見てみますと、薄暗い背景に無表情のプーさんとピグレット、、、
若干ホラー映画にも見えてきますね笑引用元:https://www.disney.co.jp/
アニメーションと比べてしまうとキャラクターの色合いも違いますし表情も豊かな感じがします。

クリストファー・ロビンが子供から大人になったのに伴いプーさんやその仲間たちも変化していったことを表現しているのかもしれませんね。

しかしこれほどまでに差があると違和感があると思われても仕方ないですね。

ネットの反応は、
「背景が薄暗くて、キャラクターたちはかわいいけどちょっとホラーみたい」
「プーさんとピグレットがあの世の世界に誘っているみたい」
「なんかプーさんの色味が汚い」
「嫌な悲劇を予感させる」

など予告を見ただけではいい印象をもたれなかった方が多かったみたいです。

しかし実際見てみるとプーさんも相変わらずのマイペースっぷりでかなり可愛かったです。

可愛さだけではなくプーの仲間たちとの再開もかなり感動的でした。

まとめ

映画を見て大人になってもプーさんがクリストファー・ロビンを思い続ける気持ちに心を惹かれました。

今回の実写版のブーさんとピグレットはフィギアとして販売されるので購入してみてはいかがでしょうか?

発売 :2019年12月発売予定 定価:30,000円(税込) 付属品 :ハニーポット、サングラス(プー用)、サングラス(ピグレット用)、特製台座 種別:ハイエンド可動式フィギュア

ちょっと高い気もしますが、、、笑

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2018 All Rights Reserved.