Just another WordPress site

Youtuberカジサックつまらないなどコメントで批判ばかり、視聴者からの評判は?

2018/10/14
 

10月1日より芸人キングコングの梶原さんがカジサックという名前でYouTuberデビューをしました。
またそれと同時に来年の2019年までに登録者数100万人いかなければ芸人を引退する公約を掲げました。
公約を掲げている動画がこちらです

動画では、公約を公表すると同時に、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの社長である藤原寛さんにもその肝を伝えています。

そんなキングコング梶原さんことカジサックですが動画のコメント欄では批判のコメントが多く見られます。
なので今回はYoutuberカジサックが批判される理由について深掘りしていこうと思います。

Youtuberカジサックとは

プロフィール
本名 梶原裕太(かじわらゆうた)
生年月日 1980年8月7日(38歳)
血液型 B型
身長 163cm
出身 大阪府

梶原さんは奥さんと子供4人の6人家族です。
なので、意地でも芸人を引退をするわけにはいきませんね。

現時点(10月13日)では登録者数を10万にを突破しており順調に登録者数を伸ばしています。

動画の内容は?

動画の内容は人気Youtuberとのコラボ動画が現時点では多いですね。

また最近でははねるのトびらで人気企画であった「ギリギリッス」のパロディで身体能力の高さを生かした動画も投稿しています。

またカジサックとして活動する前から人気Youtuberのヒカルさん、ラファエルさん、へきとらハウスさんとコラボしていました。
その3組とコラボすることによってYoutube活動の目標が決まったそうです。

コメント欄でつまらないと批判ばかり?

カジサックさんが投稿しているコメント欄が批判ばかりで話題になっています。

批判の内容は、
「有名Youtuberとコラボして登録者数を稼ぐとかずるい」
「動画そのものがつまらない」
「動画の編集が凝りすぎている、自分でやるべき」
など、100万人いかなければ芸人を辞めるなどと強気な発言をしたものの自分自身の力で頑張ろうとする姿が見られないことに対する不満のコメントが多く見られました。

またチャンネルの自己紹介が気持ち悪いというコメントも多く見られました

1999年お笑いコンビキングコング結成。 ツッコミ担当西野亮廣、ボケ担当梶原雄太は、吉本総合芸能学院(NSC)で出会いコンビを結成。入学後からわずか5カ月、19歳という若さでNHK上方漫才コンテスト最優秀賞という快挙を成し遂げた。 芸歴2年3ヶ月でM-1グランプリ2001決勝進出を果たし、この記録は大会史上最短記録となった。 キングコングの芸風はジェットコースター漫才と言われ、西野のキレッキレのツッコミと、梶原のコミカルな動きで人々を魅了。その後もデビューから2年目にして「はねるのトびら」など数々のレギュラー番組を持ち、若手としては異例の出世。近年は個々の活動も目立ち、西野は絵本作家としてもデビューし、芸人以外でも活動の場を広げている。 梶原もピンでの活動も増え、関西のおしゃべり女帝上沼恵美子が「明石家さんまを超える!」と太鼓判を押し、最近ではトップユーチューバーのラファエルと共演し、その巧みな話芸で圧倒した。 そんな梶原が今YouTuberとしてデビューする!

こちらが、カジサックチャンネルの紹介文です。
おそらく自分で書いたものでは無いとは思いますが、自分自身のことをコミカルな動きで人々を魅了と書いてしまっては気持ち悪いと言われても仕方ありませんね。

まとめ

・登録者数100万人いかなければ芸人を引退する
・カジサックのコメント欄は批判コメントが多い
・コラボや編集など他人まかせなところに批判の声が上がってる

最近では元スマップの草なぎ剛さんや女優の本田翼さんなどがYoutubeデビューしていますね、芸能人も参入しているので今後のYoutubeの盛り上がりにも期待ですね。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2018 All Rights Reserved.