Just another WordPress site

もののけ姫サンが被っているお面が怖い!お面をかぶる意味や理由について

 

引用元:http://anikiji.com

もののけ姫には特徴的なキャラクターが多く登場してきますが、
その中の1人であるサンはジブリ作品の中でもかなりの人気を誇っています。

そんなサンが犬神を連れて人間と戦闘する際、なぜ仮面を被って登場するのか疑問に思った方も多いと思います。

なので今回はサンが被っているお面について深掘りしていこうと思います。

サンについて

引用元:https://www.youtube.com

サンは今回の作品のヒロイン的存在であり、
作品の題名である「もののけ姫」もサンのことを指しています。

サンは人間ではなく犬神であるモロに育てられました。
山でモロと一緒に生活している理由は、自然を汚した人間によって生贄として差し出された少女であるからです。

作中序盤ではモロに育てられたこともあって、身も心も山犬として生きようとしており自然を壊そうとする人間たちをかなり恨んでいました。

しかし主人公アシタカと出会うことによって、人間らしさを少しづつですが見つけていきます。

お面について

サンがモロと一緒に人間と戦闘する際に被っている仮面についてですが、
見た目が怖く不気味だと思った方も多いと思います。

実は、正式な情報は公表されていません。
しかし、お面を被る理由として考えられる点があります。

1、戦う相手(エボシ御前)に顔を見せないため
2、人間ではなく山犬として自然で生きるため

この2点が理由ではないかと思います。

エボシ御前に顔を見せないため?

一つ目の理由として、エボシ御前に顔を見せない事が理由に挙げられます。

引用元:http://amberfeb.hatenablog.com
エボシ御前とは、
工房集落『タタラ場』の冷静沈着な女性指導者であり、
製鉄のために山を切り開こうとし、比喩ではなく神々も恐る人間でした。

そんな悪役として登場したエボシ御前ですが、サンの母親である説があるのです。

もし、エボシ御前がさんの母親だった場合
・自分を生贄に捧げた張本人
・山を切り開こうとしていて、親のモロが恐る人物が実の母親

ということになるのです。

なので自分の正体をバラさずに復讐をしようとしたのではないでしょうか。

人間ではなく山犬として自然で生きていくため?

サンは少女の時からモロの君に育てられ、山犬の家族として生きていました。

しかし、サン1人だけ人間じみた格好でいることに違和感を感じたため仮面を被って生活していたのではないでしょうか。

また、もののけの世界には山犬族以外にもイノシシ族や猩々(しょうじょう)など人間と対立している生物がいたので、人間の姿でいると他の動物からのイメージが悪くなってしまうのでまずいのです。

なので、仮面以外にも白い毛で覆われたマントのようなもの羽織っていますよね。
おそらくこれも山犬に寄せて作ったものではないでしょうか!

まとめ

・実の母親に顔バレを防ぐため?
・山犬として生きるため、少しでも人間の姿を変えるため?

個人的に森の見守る番人として、また母親としてサンを育て上げた強いモロの君がとても好きでした。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2018 All Rights Reserved.