Just another WordPress site

もののけ姫モロの君と乙事主の関係は夫婦?またモロ性格についても

2018/11/04
 

引用元:https://blog.goo.ne.jp

映画「もののけ姫」に登場する動物モロの君

作中では序盤の方でサンと一緒に人間を襲っていた際に傷を追います。
モロの君はヒロインのサンと行動しているシーンが多く、母親として接しているのが印象的ですね。

そんなモロの君ですが、途中で登場してくるイノシシの乙事主と知り合いみたいなので2人の関係についてや、モロの性格について深掘りしていこうと思います。

モロの君と乙事主の関係は?

モロと乙事主は以前は仲が良かったのに100年前に別れたと作中で話しています。
昔は仲が良かったが、歳をとり一族の長にならなければいけないときがきて狼がかるはずの猪と、猪が狩られる狼とが仲良くしてたら示しがつかなくなるからではないでしょうか。

ちなみにアシタカと出会った頃のモロに旦那のような存在はいませんでした。
ですが過去に乙事主と良い関係(恋人かそれ以上)になったそうです。
実際に「もののけ姫」はこうして生まれたというDVDで宮崎監督がモロの声優の三輪さんに指示しているので、この話は事実です。

またモロとタタリ神となった乙事主と対峙したシーンを見てみると分かりますが、「言葉まで無くしたか」というセリフはトゲトゲしくなく優しさのあるような言い方をしているのです。

モロの性格は?

作品を見た感想にはなりますが、
エボシ御前への激しい憎悪と子供たちへの深い愛情のギャップに惹きつけられました。
特に子供に対する愛情深さが魅力的だと感じました。

モロの子供の1人であるサンは実の子供ではなく人間の生贄として森に授けられた少女にも関わらず子供のように育てているのです。

本来だったら森を壊そうとする人間の子供なので殺すのが普通と考えられますが、
作中では乙事主様がタタリ神になりかけ、サンを取り込みながらシシ神の池に現れた時、
「やれやれ、あの女のために残しておいた最後の力なのに」
と呟きながら起き上がり、サンを助けるために乙事主と戦います。

引用元:https://blog.goo.ne.jp

そして「私の娘を返せ」とタタリ神を噛み裂き、取り込まれかけていたサンをくわえて取り出し、アシタカに託すというフォローまでやりきって力尽きてしまいます。

あれほど執念を燃やしていた敵討ちよりも子供たちを守ることを選んだ姿に心を打たれますね。
特にサンは何よりも憎い人間の子であるにも関わらず、揺るぎなく「私の娘」と言い、それを行動としても示した愛情深さに驚きました。

サンを生贄として喰わず二匹の子供と一緒に育てていましたが、
二足歩行で歩かせたり、言葉を教えたり、服を作ってあげたりと人間の子どもとして育てたのは、モロが人間であることを認めながらも愛情を持っていたことが伝わりますね。

エボシやタタラの村人達と対立こそしていましたが、神は人間という生き物を認めていたのではないでしょうか。

モロの君は周りが見え、頭がキレ冷静沈着なキャラクターだったことが分かりますね。

まとめ

・モロの君と乙事主は昔は仲が良かった
・モロの君はサンを本当の子供のように育てていた
・性格は冷静沈着で周りの見えるキャラクター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2018 All Rights Reserved.