Just another WordPress site

ハーマイオニーが両親の記憶を消した呪文と理由は?戦いが終わったその後は戻る?

2018/11/09
 

両親が自分の後を追ったり心配したりしないよう、両親から自分の記憶を消すのって心が痛む。けど素敵。これって、ハーマイオニーの両親がマグル(普通にの人)という、原作では触れられていない状況を示していると思うな。

引用元:https://www.buzzfeed.com
ハリー・ポッターシリーズの第7作目である「ハリーポッターと死の秘宝Part1」で、
ハリーの親友であるハーマイオニーが両親の記憶を消し、家族写真からもハーマイオニー本人だけが消え、家から出て行くシーンがあります。

映画をみた人は、
なぜ、両親の記憶から自分の存在を消したのか?
また、消した記憶は戦いの後どうなったのか気になった方も多いと思います。

なので今回はハーマイオニーが両親の記憶を消した理由について深掘りして行きます。

ハーマイオニーについて

記憶を消した理由を解説する前に、ハーマイオニーとその両親について説明します。

本名はハーマイオニー・ジーン・グレンジャーです。
主人公ハリーと同じホグワーツ魔法魔術学校のグリフィンドール寮に所属しており、
もう1人の親友であるロンウィーズリーと共に三人でいつも行動しています。

両親は2人ともマグル(魔法を使わない普通の人間)の歯科医ですが、
魔法に対しては抵抗がなく魔法を使えたハーマイオニーをホグワーツに入学させました。

魔法界における純血家系であるマルフォイやヴォルデモート率いるデスイーターは純血主義であり、
マグル育ちであるハーマイオニー を「穢れた血」と罵っていました。

両親の記憶を消した理由は?

ハーマイオニーが両親の記憶を消した根本的な原因は、
ハリーとヴォルデモート卿との戦いです。

ヴォルデモートはハリーポッターを殺したいので、
居場所を探るために様々なところから情報を得ようとします。

ハーマイオニーはヴォルデモートがハリーを知る人から情報を聞き出そうとすることを予測していました。
なので、自分だけではなく両親も狙われる可能性があることも察していました。

またハーマイオニーの両親はマグルなので拷問されたり人質に取られたら太刀打ちできません。
分霊箱を探すのにも支障が出てしまうと考え、
記憶を消すことで自分の情報が漏れるのを避けると共に、両親に危険が及ばないようにしました。

ちなみに使った呪文は「オブリビエイト」と言う相手も記憶を一部消す魔法です。
両親に使用する以外にもカフェでデスイーターであるロウルとドロホフを倒した際も同じ呪文を使っています。

原作ではグレンジャー夫妻であるということさえも忘れさせ、
オーストラリアに移住を考えている架空の夫婦という記憶を両親に植え付けました。
安全な場所に移動されるためではありますが、両親の記憶から自分の存在を消すことはかなり辛いと思います。

かなりの決意の元で、ハリーに同行し戦う覚悟を決めた勇敢で立派な魔女ですね。

戦いが終わった後の記憶は?

映画ではその後の記憶について触れていませんが、
原作では、「もし私が分霊箱探しだし生きて戻ったら、パパとママを探して呪文を解くわ」と言っており
ヴォルデモートを倒した後、両親を見つけ出して記憶を戻し家族に戻ったと
原作者であるJ・K・ローリング氏が言っているので、記憶はちゃんと戻っています!

まとめ

・両親の記憶を消したのは、情報の流失を避けることと両親の身の安全のため。
・記憶を消す魔法はオブリビエイト
・戦いの後両親を見つけ出して記憶を戻した

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報カレンダー , 2018 All Rights Reserved.